SDGsアイコン

JPEN

健康で豊かな世界をつくる、
みんなのSDGsサロン

#海洋ゴミ

10件見つかりました

マイクロプラスチック(3)化粧品の脱プラ

自然界にあるマイクロプラスチックはどこから来るのか。 その元を探ると、かなりの量が化粧品から生じている。特に、スクラブ剤としてプラスチックの粒が意図的に入れた化…

PLANET

2021/04/22

マイクロプラスチック(2)戦略を立てる

マイクロプラスチックが地球上の生き物にとって重大な問題であることは、十分に裏付けられている。そして、状況はますます深刻になってきている。どうしたら、人間はプラス…

PLANET

2021/04/13

マイクロプラスチック(1)何が問題なのか

マイクロプラスチックによる環境汚染は、人間にとって、この先も向き合い続けることになる緊急の課題だ。この小さな粒子は、肥料や化粧品、家庭用洗剤、洗浄剤、ペンキなど…

PLANET

2021/04/06

SDGs14【海の豊かさを守ろう】の目標を詳しく解説

持続可能な社会構築のために、国際目標であるSDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標 )が国連で採択された。SDGsには17の目標が定められており、そのうち…

PEACE

2021/03/16

海岸のごみ、最多は食品包装プラスチック

米国の環境保護団体オーシャン・コンサーバンシーが実施した「2019年国際海岸クリーンアップ(海岸清掃活動)」では、116ヵ国の海岸で94万人以上のボランティアが…

PEOPLE

2021/01/14

コロナ禍を機に海洋ゴミに挑むタイの島人

新型コロナウイルスの感染拡大が続き、世界は停滞している。国をまたぐ移動が制限され、少し前まではにぎわいを見せていた人気の観光地も人の往来はまばらで、今では現地住…

PLANET

2020/09/10

海底に溜まる大量のマイクロプラスチック

英国の研究者が、過去最高記録となる量のマイクロプラスチックが海底に存在することを明らかにした。最新の調査では、海底をおおう薄い層の中に、1平方メートルあたり19…

PLANET

2020/08/21

ゴーストと化したごみが海の生き物を襲う

南アフリカの海岸線から遠く離れた南大西洋のはるか沖。ダイバーのパスカル・ヴァン・エアプ(43歳)が水面に顔を出す。手に持っているのは、ロブスターを捕まえるための…

PLANET

2020/01/27

世界初・海洋でも生分解するレジ袋を開発、来夏に販売へ 福助工業

軽包装資材メーカーの福助工業(愛媛県四国中央市)は11月26日、世界初となる、海洋でも土壌でも微生物の働きにより生分解するレジ袋を開発したと発表した。2020年…

PLANET

2020/01/16