KYOWA KIRIN

SDGsアイコン

健康で豊かな世界をつくる、
みんなのSDGsサロン

#医療

9件見つかりました

NEW

【ファーマコビジランス活動紹介:後編】 “桃太郎マインド”でさまざまな課題を克服しよう~PV本部グローバル対談~

協和キリンのファーマコビジランス(PV)本部は、世界中の患者さんに笑顔を届けるため、グローバルで連携しながらチーム一丸となって業務を行っている。前編に引き続き、…

KYOWA KIRIN

2022/01/27

看取りの現場で得た「対人援助」、地域課題の解決に

65歳以上の高齢者は1950年以降一貫して増加し、総人口に占める割合は29.1%(2021年)。少子化の今、この割合は今後も上昇を続け、2040年には35%にま…

PEOPLE

2022/01/13

【ファーマコビジランス活動紹介:前編】 世界規模での自社医薬品の安全監視活動を支え、患者さんへ笑顔を届ける

医薬品の世界でも進むグローバル化。世界に広がる医薬品の安全性に関わる情報をいち早く、正確に把握し、世界中の患者さんの治療に役立てることが、グローバル展開する製薬…

KYOWA KIRIN

2021/12/23

【オリィ研究所×協和キリン】よりよく生きるためのD Xとは。分身型ロボット技術と医療の現場から

生きていれば、誰にでも訪れる死。その瞬間まで、健康な心身とともに生き方を自由に選択したい――。多くの人が抱く漠然とした希望に反して、現実はそう甘くない。 厚生労…

KYOWA KIRIN

2021/10/28

カナダ、気候変動で数千億ドルの医療コスト増

気候変動は、公衆衛生を大きく脅かす。そしてその脅威は、不当にも、最も弱い立場にある人々に降りかかる。カナダ気候選択研究所(The Canadian Instit…

PLANET

2021/08/19

「オレ、よくやったな」 ALS患者、発症10年の思い

2010年11月末、31歳の誕生日を目前に一人の男性がALSと診断されました。外資系広告会社「マッキャンエリクソン」のプランニングディレクターとして働いていた、…

PEOPLE

2021/05/11

関節痛やリウマチと間違われやすい希少疾病「骨軟化症」健康な未来のために、今できること。

・階段を降りる時に足の甲が痛む ・寝返りを打ったときに肋骨が痛む ・歩く時に股関節が痛む ・骨折がなかなか治らない これらは、骨の石灰化に問題が起こる「骨軟化症…

KYOWA KIRIN

2021/02/10

「強く生きて」、皮膚の難病持つ子へのギフトボックス

「表皮水疱症」をご存知でしょうか。ものをつかむ、ぶつかる、擦れるといったちょっとした刺激で皮膚が剥がれ、そこに水疱ができてただれる10万人に一人の稀少難治性疾患…

PEOPLE

2021/02/02

カメルーン発、母子の命を守るアプリ

社会的企業GiftedMomの共同創業者で医長も務めるアグボール・アシュは、最近開催されたワークショップの昼食時に、私にスマートフォンのアイコンを見せてくれた。…

PEOPLE

2019/06/13