「海洋プラスチック問題」について、見聞きしたことがある人も多いだろう。海洋プラスチックは、SDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標 )達成の先にある持続可能な社会の実現において、深く関わりのある問題だ。

この記事では、海洋プラスチック問題の概要から、SDGsとの関わり、海洋問題の解決策を紹介していく。

海洋プラスチック問題とは

海洋 プラスチック 問題 1.jpg

プラスチック素材は、安価に生産でき、耐久性にも優れていることから、幅広く利用されている。プラスチック製品をはじめ、ビニールや発泡スチロールなどもプラスチックが原料だ。

問題は、多くのプラスチックが使い捨てされている事実。捨てられたプラスチックは処分されず、自然界に流出することも多い。

環境中に流れ出たプラスチックが行きつく先が海だ。毎年、大量のプラスチックゴミが海に流出し、海の生態系にさまざまな影響を与えるほか、海洋汚染の問題も引き起こしている。

海洋プラスチック問題とは、プラスチックの海洋への悪影響を問題視したものといえる。

海洋プラスチック問題の現状

海洋 プラスチック 問題 2.jpg

生物が海に漂う人工物で傷つく原因のほとんどが、海洋プラスチックといわれている。このように海洋プラスチック問題は、さまざまなメディアで取り上げられるようになったが、なぜ深く問題視されるようになったのか。海洋プラスチック問題の現状を解説する。

大量のプラスチックごみが流出している

海洋プラスチックが問題視されているのは、毎年大量のプラスチックごみが海に流出しているためだ。合計で1億5,000万トンもの海洋プラスチックが海を漂い、少なくとも年間800万トン(旅客機  5万機相当の重さ)が新たに海に流出している試算もある。

出典:海洋プラスチック問題について|WWF JAPAN

大量のプラスチックごみが、何十年も継続して排出され続けていることこそが大きな問題だ。日本国内の海岸には、国内のプラスチックごみだけでなく、外国製のプラスチックごみも大量に流れついている。

生態系へ影響を及ぼしている

海に流れ出たプラスチックは生態に悪影響を及ぼしており、魚類、海鳥、海洋哺乳動物、ウミガメなど多様な生物を傷つけている。たとえば、ポリ袋をエサと間違えて誤食してしまい、命の危機にさらされている生物もいる。

また、海に流出する海洋プラスチックが増えたことで、問題視されるようになったのがマイクロプラスチックだ。

海へ流れ出たプラスチックは、外的な影響を受けて、やがて5mm以下ほどの微細なマイクロプラスチックになる。さらに、マイクロプラスチックになっても自然分解が進行しないことで、長い間細かな粒子になってプラスチックが海洋を漂う。

問題は、マイクロプラスチックによる生態系への影響だ。マイクロプラスチックは、これまでの研究によって、誤食によって海洋生物の体内に取り込まれ、炎症や摂食障害などの症状を引き起こすことがわかってきた。

産業にも影響を及ぼしている

海洋プラスチック問題は、自然環境で成り立つ産業にも甚大な経済的損失をもたらすことが予想されている。アジア太平洋地域の観光業においては、年間6.2億ドル、漁業や養殖業においては年間3.6億ドルにも及ぶといわれている。

出典:海洋プラスチック問題について|WWF JAPAN

海の環境が海洋プラスチックによって破壊されることで、人の産業に及ぶ影響も無視できなくなってきている。

海洋プラスチック問題の解決策

海洋 プラスチック 問題 3.jpg

海洋プラスチックの問題と現状について説明してきたが、海洋プラスチック問題はどうすることで解決を図れるのだろうか。SDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標 )との関わりも含めて、解決のためのヒントを整理してみよう。

3Rの徹底

日本では、プラスチック資源を循環させてごみの排出量を抑えるために、3Rであるリデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の徹底が重点戦略に掲げられている。

リデュースは、排出するごみの総量を減らすことだ。具体的な対策として、レジ袋有料化の義務付けや代替品の開発など、リサイクルできないプラスチックの利用削減があげられる。

リユースは、再利用を促すこと。効果的な分別やリサイクル、資源有効利用率の最大化、国内資源循環体制の構築などが対策にあげられる。

リサイクルは、再生産に回すことだ。グリーン購入、バイオマスプラスチックの利用、プラスチックの利用インセンティブなどが解決策として考えられる。

目標14とのかかわり

海洋プラスチック問題は、国際目標であるSDGs(持続可能な開発目標 )との関連も深い。SDGsの17個の目標でもっとも関連が深いのが、14番目の目標「海の豊かさを守ろう」だ。

目標14では、2025年までに、海洋ごみ、海洋汚染を、防止して大幅に削減することをひとつの目標に置いている。

海洋プラスチック問題を解決する意味で、世界的な目標に海洋ごみ問題の解決を図る内容が設定されている意義は大きい。

SDGs14に関しては以下の記事で詳しく解説している。ぜひ読んでほしい。

>>SDGs14【海の豊かさを守ろう】の目標を詳しく解説

企業の協力も必要

各国の政府は、海洋プラスチック問題を解決する方向で協力を進めているが、政府だけの力で海洋プラスチック問題を改善していくことは難しい。

プラスチック製品を製造するのは企業であり、製品を利用して消費者に届けるのも企業だからだ。

企業を巻き込んで3Rが徹底されるようにするには、海洋プラスチック問題の解決に向けて活動目標を設定し、重大な社会課題であることを企業に勤める社員も認識できるようにする必要がある。

そのため、意識啓発やプラスチックを含む海岸の清掃活動など、企業単位での海洋プラスチック汚染に関連した取り組みも重視されるようになってきた。

海洋プラスチック問題解決に向けた企業の取り組み事例

国内では、3Rを意識したさまざまな取り組みを行う企業が増えた。実際にどのような活動が行われているのか、企業の事例を取り上げる。

味の素グループ

味の素グループの目指す、海洋プラスチック問題に関連する取り組みは、廃棄物のゼロ化だ。重要課題(マテリアリティ)に「資源循環型社会実現への貢献」を設定し、容器包装の3R推進、代替品である生分解性プラスチックの使用を、主な取り組みに掲げている。

3Rの推進のうち、Reduceのために一部の製品の紙容器への切り替え、コンパクト化を実施。これにより、プラスチックの数十トン単位での削減が進んだ。

Recyleに関する取り組みとしては、単一素材プラスチック包装素材を自社開発した。これにより、循環可能な代替素材を生み出し、活用する事によって、新興国などでの回収から有用化のプロセスを社会システムとして構築することを目指している。

三菱ケミカルホールディングス

三菱ケミカルホールディングスは、Alliance to End Plastic Wasteの設立メンバーである。同組織は国境を越え、プラスチック廃棄物問題の解決を図る企業連合だ。

そんな三菱ケミカルホールディングスが力を入れているのが、次世代のバイオプラスチックの開発である。プラスチックの代替として使われている生分解性プラスチックの問題として、特異な環境下でないと分解が進まない点に焦点を当て開発が進められた。

同社は、標準的な環境でも分解が進む、生分解性プラスチックの課題を克服した「BioPBS™」というプラスチックの開発に成功している。

協和キリン

協和キリン株式会社でも、クリーンな環境を維持し、海洋環境の改善や維持につながる活動 を行っている。

環境を知る活動

環境やごみについて社員が知る機会をつくる取り組みについては、河川清掃やアマゴの稚魚放流が主な活動にあげられるだろう。

河川清掃に関しては、事業場ごとに清掃を実施。特に、富士事業場では地元の静岡県長泉町と協働し、リバーフレンドシップ制度の枠組みの中で、隣接の河川の継続的な清掃を行っている。アマゴの稚魚放流については、生態系を守る目的で、静岡の桃沢川にて稚魚の放流を実施した。

プラスチックの利用について

キリングループでは、プラスチックポリシーに基づき、従来のプラスチックの利用を抑え、資源循環を意識した取り組みも行っている。

・PETボトルの資源循環推進(国内のリサイクル樹脂の割合を2027年までに50%に高めることを目指す)

・グループ各社でのワンウェイプラスチック(使い捨てのプラスチック)の削減とほかの素材への代替

・PETボトル原料の持続性向上(環境負荷軽減の観点でPETボトルの軽量化を継続的に推進する)

また、海洋プラスチックについては、以下の記事でも取り上げているので、ぜひ参考にしていただきたい。

マイクロプラスチックの問題とは?

>>マイクロプラスチック(1)何が問題なのか

マイクロプラスチックの解決策

>>マイクロプラスチック(2)戦略を立てる

まとめ

海洋プラスチック問題は、今や海洋プラスチックを大量に排出する国に問題だけにとどまらず、世界規模の大きな問題となっている。先進国である日本の責任は、再利用できないプラスチックの利用を減らし、循環型の社会を構築していくことだ。

消費者である私たちが商品などの選択をする際は、循環に配慮した包装や材料が使われているか目を向けてみると良い。