国際的目標のSDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標 )には17の目標が掲げられている。そのうち4番目にあたるのが、質の高い教育に関するものだ。SDGsの4番目の目標とは具体的にどのような目標か、概要と企業の取り組み事例、個人ができることに分けて紹介していく。

SDGs4「質の高い教育をみんなに」とは?

sdgs 4 1.jpg

SDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標 )の17の目標のひとつ、4番目の目標は「質の高い教育をみんなに」という教育をテーマにした目標だ。SDGs4達成のための具体的な目標と誕生の背景をまずは見ていこう。

すべての人に質の高い教育を提供する

SDGs4「質の高い教育をみんなに」を達成するために、以下の細かな目標が設定されている。

・すべての子どもが小学校と中学校を卒業できるよう質の高い教育を無料で受けられるようにする

・すべての子どもが幼稚園や保育園で就学前の準備ができるようにする

・すべての人が無理な負担なく専門教育や大学含む高等教育を受けられるようにする

・仕事に関する技術や能力を備えた人を増やす

・教育に関する男女差別をなくし、あらゆる段階の教育を受けられるようにする

・すべての人が読み書きや計算をできるようにする

・すべての人が持続可能な社会の実現に向けて知識やスキルをつけられるようにする

いずれも2030年に向けての目標だ。要約すると男女問わずすべての子どもが質の高い教育を受けられるようにするだけでなく、大人も十分に知識とスキルを身につけられるようにするといった内容になっている。

質の高い教育を世界で拡充するには、国際協力が欠かせない。目標達成のための、産業、科学技術人材の育成、社会経済開発の基盤づくりのための教育協力、国際的・地域的教育協力ネットワークの構築と拡大が重要な課題となる。

目標4が生まれた背景

SDGsの目標4がなぜ生まれたのか、それは世界ではまだまだ十分な教育が子どもたちに行き届いていないからである。

幼児教育では、世界の約半分の幼児が幼児教育を受けられず、少なくとも1億7500万人の幼児が就学前の準備ができていないという。

小学校への就学状況も問題だ。小学校に通えない子どもたちは5900万人ほどで、サハラ以南のアフリカ地域に住む子どもたちが大半の3200万人をしめるという。次いで、小学校に通えていない子どもが多いのが、1300万人の南アジア地域だ。

また、中学校や高校についても、多くの子どもたちが十分に教育を受けられているとはいえない。世界全体だと、25人中4人(16%)が中学校に、20人中7人(35%)が高校に通えていないのが現状だ。

出典: A World Ready to Learn: Prioritizing quality early childhood education|UNICE  F

出典:New methodology shows that 258 million children, adolescents and youth are out of school|UNESDOC

SDGs4の達成に取り組む企業事例

sdgs 4 2.jpg

SDGs目標4は、質の高い教育をすべての子どもが受けられるように、また、すべての人が読み書きや持続可能な社会に必要な知識を得られるようにする目標だと説明してきた。

SDGs目標4の達成に向けた活動は国主体だけでなく、企業主体の取り組みもある。

ここでは、SDGs4について理解を深めるためにも、SDGs4達成に向けた企業の取り組みをいくつか紹介していく。

パナソニック株式会社

南アジアの農村部は電力が十分に供給されておらず、地域によっては、教育についても課題があげられている。

そこで、パナソニック株式会社が取り組んでいるのが、太陽光によって夜も灯りをともせるソーラーランタンの寄贈だ。

まず、ソーラーランタンの寄贈が行われたのが、カンボジアの農村部である。カンボジアは、識字率の低さが課題として存在し、それが農村地域の経済成長の妨げになってきた。パナソニック株式会社は、カンボジアで活動するNPO/NGOなど15の団体にソーラーランタンを寄贈した。

ソーラーランタンが贈られた地域では、夜の識字教室が開かれるようになり、識字率向上に貢献している。

ほかにも、パナソニック株式会社はミャンマーのNPO法人にソーラーランタンを寄贈する取り組みを実施した。ミャンマーには公立学校のほか、貧しい家庭の子どもたちでも教育を受けられる寺子屋がある。

ソーラーランタンを使って子どもたちが夜も教育を受けられるために。そして、ソーラーランタンのレンタルが寺子屋運営の資金源になるように寄贈された。同社が寄贈した、ソーラーランタンの活用は途上国の教育にプラスの影響を与えている。

アシックスジャパンの取り組み

現代の子どもたちが、さまざまな角度から学びや運動に対する意欲や関心が持てるように、アシックスジャパン株式会社は放課後NPOアフタースクールと共同で 五感に働きかける体験型コンテンツを開発した。

アシックスジャパンが提供するのは、「カラダかるた」,「エコボッチャ」のふたつの体験型プログラムである。

「カラダかるた」は競技のピクトグラムを”かるた”にしたもので、ピクトグラムに合わせて体を動かし、さまざまな競技について理解を深めるコンテンツだ。

一方、「エコボッチャ」は、衣料リサイクルに注目した取り組みである。廃棄衣料で作られたフェルトで子どもたちがボールを手作りし、パラスポーツの「ボッチャ」を楽しむというプログラムだ。

体験プログラムをとおして、子どもたちが自ら考え、行動する力を養う。

協和キリン

協和キリン株式会社も、コミュニティ参画と発展、研究活動の支援、のふたつの視点から、SDGs目標4の達成に向けた取り組みを行っている。

コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

コミュニティ発展と次世代育成のため、協和キリン株式会社は、2000年からバイオテクノロジーと健康をテーマとした理科実験教室「バイオアドベンチャー」を開催している。プログラムは大きく「微生物編」「免疫編」「遺伝子編」「薬作り編」に分かれており、社内公募のスタッフで運営を行っている。 

また、同社では、同社の卓球部やパラスポーツをとおした地域コミュニティとの交流にも力を入れてきた。社会貢献が評価されて、平成27年から4年連続で「東京都スポーツ推進企業」に選定されている。

このほかにも、地域コミュニティと共同し、地域住民との絆を深める活動も実施。地域の人対象にした「健康」がテーマの講演会を2005年より行っている 。

研究活動への支援

大学など高等教育機関の充実と医療の発展は国際的にも重要な課題だ。協和キリンは、研究活動に目を向け、研究機能のある国内の大学、病院、研究施設の教室、診療科などにおける研究活動の財政的支援などにも貢献している。

その他、協和キリンのSDGs達成に向けた取り組みについてはこちら

「質の高い教育をみんなに」を達成するために私たちができること

sdgs 4 3.jpg

SDGsの目標4とは何か、企業はどのような取り組みを行っているか紹介してきた。SDGsの達成に向けて、私たち個人ができることはあるのだろうか。最後に、個人が意識したい行動を取り上げる。

地域コミュニティに参加する

教育に関連して、地方自治体などではさまざまな取り組みが行われている。たとえば、茨城県つくば市の「つくばこどもクエスチョンオンライン」や石川県小松市の「未来をひらく子どもへの学びのエール」だ。

「つくばこどもクエスチョンオンライン」は市内研究者などの専門家が子どもの自由研究についてオンラインで質問に回答する取り組みである。

「未来をひらく子どもへの学びのエール」は、子どもの教材費や食育について給付を行い、子どもたちの日々の成果を発揮する機会を提供する取り組みだ。

ほかにも、地方自治体では、さまざまな特色のある質の高い教育を実現するための取り組みが行われている。まずは、このような取り組みを知って、地域コミュニティに参加することが第一歩だ。

開発途上国へ募金・寄付をする

世界には、教育を十分に受けられない子どもたちが多い。

途上国の子どもたちが教育を受けられる機会を得られるように、国際的な教育支援活動を行っている団体に、募金や寄付をするのもSDGs4達成に向けた重要な取り組みだ。

現状を知る

SDGs4では、すべての人が持続可能な社会に向けて知識やスキルを得ることを目標のひとつとしている。持続可能な社会について理解を深めること、そして教育の問題を意識するために、世界や日本の教育の現状を知ることが重要だ。

まとめ

SDGsの目標4でゴールに設定されている質の高い教育は、途上国だけの問題ではない。SDGs4達成のためには、途上国の教育の現状を知るだけでなく、国内にも目を向け、地域コミュニティや企業の取り組みを知ることも重要だ。