2015年の国連サミットで加盟国が合意した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」では、SDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標 )が掲げられた。SDGsには17の目標が設定されており、そのうちの15番目の目標は「陸の豊かさも守ろう」だ。

今回は、目標15の概要と目標15に関連する企業の取り組みを紹介し、私たち個人でできることも取り上げたいと思う。

SDGsの目標15「陸の豊かさも守ろう」とは?

sdgs 15 1.jpg

SDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標 )の17の目標のうち、15番目は「陸の豊かさも守ろう」で、陸の生態系に関しての目標が設定されている。陸は、私たち人類の生活を支える重要な環境資源だ。

私たちが口にする食料のほとんどは陸で生産される植物で、植物を育む陸地は私たち人類だけでなく、多種多様な生物にとって重要である。「陸の豊かさも守ろう」とは、陸の生態系を守ることで豊かな環境を維持しようというものだ。

陸の生態系ならびに生物多様性を守る

目標15の「陸の豊かさも守ろう」では、目標を達成するために、以下に示す9つの達成目標が掲げられている。

1.国際協力のもと持続可能性を確保する

ターゲット1では、森林、湿地、山地、乾燥地や内陸淡水の生態系を守ること、生態系を育む自然を守り回復させることが目標に設定されている。

2.森林の持続可能な形の管理を進める

森林減少の問題は世界各地で起こっている。資源を利用する場合、持続可能な形で管理を行うようにすることで、森林減少を食い止め、さらには世界的規模で植樹や再植林を行うことで環境を維持することが目標の趣旨だ。

3.砂漠化に対応し土壌を回復させる

世界中のさまざまな場所で、砂漠化や干ばつや洪水により土地がダメージを受けている。劣化した土地を回復させ、砂漠化に対応していくことが3つ目の目標だ。

4.山地の生態系を守る

山地の生態系は持続可能な開発には欠かせない。4つ目の目標では、多様性を維持しつつ山地生態系の保全を確実に行うことが示されている。

5.絶滅危惧種を保護し対策を行う

生物が生息する自然が失われていくことで、生物の多様性も失われている。未来に向けて生物の多様性が損なわれないように、絶滅危惧種の保護と今後の対策が示されたのが5つ目の目標だ。

6.遺伝資源を適切に使う

ここでの遺伝資源とは、研究などに活用できる可能性のある生物の遺伝的な情報のことだ。6つ目の目標では、国際合意に基づき、遺伝資源を公正かつ公平に利用することを目標に設定している。

7.動植物の密猟や違法な取引に対し対策を行う

生態系を守るには、人間側の一方的な密猟や違法な取引を失くさなければならない。密猟や違法な取引に対して、需要を断つことを含め緊急の対策を取ることを7つ目の目標で設定している。

8.外来種が生態系に影響を与えることを防ぐ

国外の行き来が便利になったことで、外来種の侵入と生態系への影響が問題となってきた。目標の8つ目では、優先度の高い外来種の駆除を含め、生態系への影響を大きく減少させることが示されている。

9.生態系や生物の多様性を開発戦略に組み込む

9つ目の目標では、国や地方の開発や貧困削減の戦略に、生態系や生物の多様性の価値を含めることが示されている。つまり、より多くの人が生物について関心をもてるようにし、保全について前向きに考えてもらおうということだ。

以上のように、9つの細かい目標の設定により、国際協力のもと、生態系と生物の多様性を守ること、生物の住む陸地を守ることが示されている。これらの目標が目指すところは、自然の恵みを持続可能な形で利用できるようにすることだ。

目標15が生まれた背景

気候変動、無計画な森林の伐採、都市化などを原因に、かつてないスピードで森林破壊と生物多様性の損失、砂漠化などによる土地の損失が進んでいる。このままのスピードで土地の損失が進み、生物の多様性が失われれば、人類は現在の生活を維持できなくなる可能性が高い。

目標15「陸の豊かさも守ろう」は、損失が進む森林などの豊かな土地、生態系を保全しようと設定された。世界各地で土地の劣化が進み、生態系への影響が進んでいる今、目標15の達成は急務とされている。

SDGsの目標15の取り組み事例

sdgs 15 2.jpg

国際的な目標であるSDGsの目標15「陸の豊かさも守ろう」を達成するには、政府をはじめ、企業などのさまざまな組織が問題を意識し、課題解決に向けた取り組みをはじめるべきである。

私たち個人も、普段利用するような企業がどのような取り組みを行っているか関心をもつことが重要だ。SDGsの目標15のうち、企業における取り組みをいくつか挙げたい。

日本航空株式会社

日本航空株式会社では、JALグループ全体をとおして、独自の「JALグループ生物多様性方針」を定めている。毎年見直しが行われる、航空事業と生物多様性の関わりを整理した方針だ。事業活動を通じて、生態系の負担を軽減できるよう設定された。

また、事業活動における生物多様性との関わり方を見直すと同時に、生態系を保全するための取り組みも実施している。

ひとつは、国の天然記念物に指定されているタンチョウを保全する取り組みだ。2016年からは北海道でのタンチョウ採食地の環境整備を行ってきた。タンチョウについて多くの人が関心をもてるよう「JALタンチョウフォトコンテスト」も実施している。

ほかにも、航空機で持ち出される絶滅危惧種を発見し事前に不正な取引を防止する「野生生物の違法取引防止」など、生態系の保全に力を入れているのがJALグループのSDGsの環境に対する取り組み方針だ。

アートコーポレーション株式会社

過度な紙資源の利用は、必要以上の森林伐採のような環境破壊につながる。そこで、アートコーポレーション株式会社は、SDGsの目標15に関連し紙資  源を使わない取り組みをすすめている。

引っ越しで紙資源が無駄に使われないようにするため、アートコーポレーション株式会社では、紙資源を使わない「エコ楽ボックス」シリーズを開発した。エコ楽ボックスでは、紙資源に頼らない梱包が可能だ。

ほかにも、使用済みダンボールのリユース、社内業務の電子化によるペーパーレスの取り組みを推進し、地球環境にやさしいエコな活動を 継続している。

協和キリンの取り組み

協和キリンでも、CSV経営をとおして、SDGsの目標15の達成を目指している。

>>「協和キリンが行っているCSV経営についてはこちら

目標15に関連した取り組みのひとつが、FSC®認証紙の導入だ。FSC®認証紙とは、持続可能な形で生産された木材など、森林環境に配慮し、責任をもって調達されている紙を示したものだ。FSC®管理協議会) 認証紙は、FSCの基準に基づき、森林の環境に配慮し、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な形で生産された木材や、その他、リスクの低い管理された原材料が責任をもって調達されていると認証された紙のこと。
協和キリンはFSC®プロモーションライセンスを取得しています(FSC®N003037)。

また、協和キリンのバイオ医薬品を製造する工場のある群馬県高崎市では、森林整備活動を10年に渡って実施してきた。地域の方とともに活動することで、地域コミュニティの育成、環境保全などの意識向上にも努めている。

>>自然を愛するフィロソフィーを次世代に。「高崎工場」の環境保全への取り 組み

目標15の達成に向けて個人ができること

sdgs 15 3.jpg

SDGsの目標15「陸の豊かさも守ろう」を達成するには、私たち一人ひとりが意識を変え、正しい行動をとることが重要だ。目標15に関連して、個人ができることをふたつ取り上げる。

FSC®認証マークの製品を買う

FSC®認証マークは、森林管理協議会の森林認証制度で、協和キリンの取り組みでも紹介したように、森林環境に配慮されて生産されたことの証である。FSC®認証マークのある製品は、事業者だけでなく、一般の消費者も購入することが可能だ。

FSC®認証マークの製品を購入することは、目標15に貢献できることでもあるので、紙製品を選ぶ際は、FSC®認証マークに注目すると良い。

そのほか個人でできる取り組み

森林破壊や砂漠化の現状、絶滅危惧種の存在、生態系の保全など、問題に関心をもつことも重要だ。興味をもつことで、生態系や森林などの保全に関する情報も入ってきやすくなる。

世の中で行われているさまざまな活動にも目を向けられるきっかけになるだろう。植林活動や生き物の調査など、生態系や森林保全に直接関わりのある取り組みに参加してみるのも良い。

ほかに、普段の生活を見つめ直し、改善していくことも、目標15の達成につながるだろう。無駄な消費を控える、メモなどを電子化してペーパーレスを心がける、リサイクルを心がけるなどの個人の行動も、目標15の達成に貢献する。

まとめ

SDGsの目標15は、森林などの陸地の環境保護、陸地や淡水の生物の保護や多様性の維持を目的とした目標だ。森や河川などの自然は身近に感じやすいことから、問題としては意識しやすいのではないだろうか。まずは、問題に目を向けて、個人でもどのような取り組みができるか、どのような企業の支援や商品の購入が社会貢献につながるか考えてみると良い。