日本では水を安心して使える環境が整っており、トイレも清潔に利用できるよう整備されている。しかし、世界的に見ると、このように恵まれた環境を持っている国はごくわずかである。

2030年の国際的な達成目標として、2015年の国連サミットで掲げられたSDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標 )には17のゴールが示された。17の目標のうち、目標6として掲げられているのが「安全な水とトイレをみんなに」という水質汚染など水に関する目標である。

目標6は具体的にどのようなゴールを表しているのか、SDGsの目標6の概要と取り組み事例を紹介する。

SDGsの目標6「安全な水とトイレをみんなに」とは?

sdgs 6 見出し1.jpg

生命の源である水は人間が生きていく上で必要不可欠だ。日本はインフラが充実しているが、世界に目を向けると世界人口の40%は水不足の状態での生活を強いられている。

また、トイレがなく屋外で排泄する人は全世界で7億人近く存在しており、不衛生な環境も人に悪影響を与える問題だ。

感染症を引き起こす危険な水を飲料水として使用しなければならない地域も多く、安全でアクセスしやすい水の確保は世界的な課題である。

今後は温暖化などの影響を受けてさらに問題が深刻化することが予想されており、SDGsとしても2030年までにすべての人が水を安全に利用できることを目標に掲げた。

SDGs目標6が目指すターゲット

・6.1 2030年までに、すべての人が安全で手軽に飲料水を確保できる状態にする。・6.2 2030年までに、すべての人がトイレで排泄できる設備を整える。特に女性や女の子、弱い立場の人が何を求めているかに注意を向ける。

・6.3 2030年までに、汚染を減らしてゴミの投棄をなくし、自然に有害な化学物質の放出は最小限に抑え、未処理の排水を半分にしながら、世界的に水を安全に利用・再利用できる仕組みを作ることで水質を改善する。

・6.4 2030年までに、水の利用効率を全体的に改善し、持続可能な方法で淡水を利用して水不足に悩む人の数を大きく減らす。

・6.5 2030年までに、国境に関係なく協力し合い、あらゆるレベルで統合して水源管理を行う。

・6.6 2020年までに、山、森林、湿地、川、地下水のある地層、湖や沼などの水に関連する生き物の保護と回復を実施する。

・6.a 2030年までに、海水など集めた水を淡水化する方法や、効率的な水の利用、リサイクルや再利用技術など、開発途上国の水や衛生に関連する活動や計画に対して国際的に協力して能力構築を支援する。

・6.b 水やトイレなどの衛生管理ができるよう、地域コミュニティへの参加を支援して強化する。

SDGs6で解決すべき現状の問題

現在起こっている水やトイレに関する問題について確認しておこう。

世界中の4人に1人が安全な水を使えない

安全な水を手に入れられるという目安は、WHO(世界保健機関)が「1km以内に1人1日20リットルの水を確保できる場所があること」と定義している。

2017年の調査では、世界では未だに約22億人が安全に管理された飲料水を利用できていないことが分かった。さらにこのうちの約1億4000万人は、湖や川、用水路などの適切な処理が行われていない不衛生な地表水を使用せざるをえない状況だ。

都市部と比較して農村部の方が安全な水の確保が難しく、地域格差が大きい点も解決すべき課題のひとつである。

世界の人口は増え続けているが、気候変動や地球温暖化の影響により水の供給量が減少し、さらに水不足の地域が増えることも懸念されている。

国連広報センターは、2050年までに4人に1人が水不足を抱える国で暮らすことになると予想しており、より一層の取り組みと早急な対策が求められている。

人口の半数が安全なトイレが使えない

ユニセフのデータ(家庭用飲料水、衛生、衛生に関する進展2000—2017)によると、2017年の時点で42億人もの人たちが衛生的なトイレを使用できていないことが分かった。

これは世界人口の半分以上の人数だ。その多くは農村部の地域で、後発開発途上国では基本的なサービスも不足しているほど深刻な地域も多い。

トイレが使えない環境では、生活に関わる周辺が不衛生な状況になるため健康状態に支障をきたすことがある。

また、周囲が汚染されている場合は安全な水を確保するために遠方へ汲みにいく必要があり、勉強や仕事など生活を豊かにする活動に時間を割くことが難しくなる。

当然、不衛生な環境での生活は命に関わる可能性があるため、衛生的にトイレが使える設備を整えることは、その地域で暮らす人々の命を守るためにも重要である。

水質汚濁・水質汚染

安全な水を確保するために設備を充実させることは大切だが、同時に水質の悪化を食い止めることも必要だ。

人間の手によって管理されていない河川や湖は、生物の排泄物で汚れていたり、菌や寄生虫が発生したりすることで飲み水としては危険性もあり不適切である。

しかし、人が生活する中で排出しているゴミや工場の排水などが原因で水質汚濁・水質汚染が進行している現状も忘れてはいけない。

これはインフラが整っている日本でも見逃せない問題で、国内は河川・湖沼が都市用水の水源の75%を占めている。そこで、水質汚濁防止法や湖沼水質保全特別措置法などの自然を守る規制が行わるようになった。

自然が汚染されると生活用水の確保が難しくなるため、開発途上国でも規制や法律の整備が重要となっている。

NGO団体によるSDGs6の取り組み「ウォーターエイド」

sdgs 6 見出し2.jpg

ウォーターエイドはイギリスで設立された国際NGO団体で、世界34ヶ国に拠点を置く。ウォーターエイドの活動の特徴は、水の問題を抱える現地に合った解決策を実行することだ。

根本的な原因の見極め、住民の参加、政府などの能力向上、システムの強化を重視し、問題の解決にあたっている。物資や資金の支援をするだけでなく、問題を抱える地域が今後継続して安全な水を利用できるような取り組みを実施しているのが特徴だ。

たとえば、技術面であれば、電気ポンプ、ソーラーポンプ、ピット式簡易トイレなど、現地で入手しやすくメンテナンスしやすい技術を提供している。

また、新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大したことを受け、感染対策としての活動も開始した。

後発開発途上国の人口の約3/4は、清潔な水と石鹸などで手を洗える設備がなく、感染予防として効果的な手洗いが行えない人が多く存在している。

そこで、安全な水の確保だけではなく、手洗いができる設備の充実と衛生習慣を普及するための取り組みも実施しているのである。

日本国内のSDGs6の取り組み

日本でもSDGsの推進を実施しており、より効率的に活動を広めるためには企業の協力が必要である。国内企業がSDGs6を達成するために実施している取り組みについて一部紹介しよう。

ユニセフ×LIXILの取り組み

2018年にユニセフと企業のパートナー支援のためにLIXILとの連携が開始された。

ユニセフとLIXILがそれぞれの強みを活かしながら活動を実施し、協力して世界の環境を大幅に改善することを目指している。

パートナーシップは「Make a Splash!みんなにトイレを」と名付けられ、SDGs6のターゲット6.2「2030年までに、すべての人がトイレで排泄できる設備を整える。特に女性や女の子、弱い立場の人が何を求めているかに注意を向ける。」は特に重視されている。

活動内容としては、衛生市場を確立しながら低価格で安全なトイレを提供するため、エチオピア・タンザニア・ケニアの3ヶ国でプログラムが開始された。

より一層プログラムが拡大できるよう、LIXILは資金調達と啓発活動も同時に行いながら支援を続けている。

コカ・コーラの取り組み

コカ・コーラ社は水を守るために「ウォーター・ニュートラリティー(Water Neutrality)」というコンセプトを立て、世界中でさまざまな取り組みを行っている。

特に水の源である森林保護は重要視しており、水資源の保護を行なっている22団体に売り上げの一部を寄付して支援している。また、スタッフが直接水源の調査や植林作業なども行い、森林と水源の保全に努めているのだ。

大量の水を使う工場だからこそ、コカ・コーラ社では小さな節水にも心がけ、容器を洗った後の水も無駄にしない。

水の再利用や削減を地道に検証しながら節水し、全工場が10年間で削減した水量は672万トンにも及ぶ。

伊藤園の取り組み

環境への影響を抑えるため、伊藤園では、製造委託先の排水状況と水使用状況の把握、社内での水使用量の削減、などが行われている。

協和キリンの取り組み

協和キリンでも、社会と共有できる価値を重視したCSV経営を通じて、SDGsの目標6の達成を目指している。

具体的に実施しているのは、製造工程における水使用量の削減による水資源保全の取り組み。製造プロセスの改良や排水処理施設の積極的な設備投資による、水質汚濁防止の取り組みだ。

また、キリングループとしては「水のめぐみを守る活動」も展開している。同活動は、主力工場のある群馬県で実施しているもので、間伐作業などにより水資源に関わる生態系を維持し守る活動だ。10年以上の継続的な活動が評価され、2018年には群馬県環境賞を受賞した。

協和キリンが行っている目標6の具体的な取り組み事例についてはこちら

>>協和キリンが行っているCSV経営について

SDGsの達成に向けてわたしたち個々人ができること

sdgs 6 見出し3.jpg

水は企業だけではなく個々人も多く使用するものであるため、ひとりひとりの心がけが水を守ることにつながる。ここからは個人がSDGs6の達成のためにできることを紹介していく。

国や地域の水事情を知る

さまざまな国や地域の水事情を知ることは、水を大事に使うために大切なことである。

日本は水が豊かでインフラも整備されているため、生活する上で水がなくて困ることは少ない。しかし、世界には安全な飲み水がない地域もあり、汚水が原因で命を落とすこともある。

インターネットや本で調べてみて、多くの人に情報をシェアすることで、水の大切さを改めて認識し合う機会になる。

家庭で油を流さない

家庭では料理に油を使うことは日常的にあることだろう。油を綺麗に落とすためには多量の水が必要だ。水を多量に消費するだけでなく、油によって水質汚染にもつながる。

水や洗剤を節約して環境を保護するためにも、油は事前に拭き取ってから食器を洗うようにしよう。

水を節約することを意識する

日本では蛇口をひねれば簡単に安全な水が手に入り、便利だからこそ使い過ぎてしまう。歯磨きや入浴時のシャワーなど、出しっぱなしにしているとそれだけでも大量の水が消費される。

少しでも資源を大切にするためにはこまめな節水を心がけ、できる限り無駄な水を使わないように意識することが大切だ。

支援団体への寄付

前述したユニセフやウォーターエイドなど、水の問題に取り組んでいるNPOやNGOなどの支援団体へ寄付を行うのも個人にできる取り組みのひとつである。

支援団体は、十分に活動を行うためにも資金が必要だ。現地ボランティアとして活動が難しくても、寄付により間接的な支援を行うことも大切な取り組みである。

支援団体では、水の問題についての理解を深めるためにイベントを実施していることもあるので、イベントに参加してみるのも良いだろう。

まとめ

SDGsの17のゴールのひとつ、目標6「安全な水とトイレをみんなに」について取り上げた。安全で安価な水の供給については、日本国内においては深刻な問題とはなっていないかもしれない。しかし、世界に目を向けると数多くの人々が水不足や不衛生に悩んでいるのが現状だ。

国内にいてもできることはあるので、目標6を達成するために、節水や排水に対する意識をまずは意識するようにしたい。個人でできることと合わせて、企業や組織が行っている取り組みを知ることも重要だ。