日本では水を安心して使える環境が整っており、トイレも清潔に利用できるよう整備されている。しかし、世界的に見ると、このように恵まれた環境を持っている国はごくわずかである。

2030年の国際的な達成目標として、2015年の国連サミットで掲げられたSDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標 )には17のゴールが示された。17の目標のうち、目標6として掲げられているのが「安全な水とトイレをみんなに」という水質汚染など水に関する目標である。

目標6は具体的にどのようなゴールを表しているのか、SDGsの目標6の概要と取り組み事例を紹介する。

SDGsの目標6「安全な水とトイレをみんなに」とは?

sdgs 6 見出し1.jpg

国連サミットにて国連加盟国が合意に至った、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」において、SDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標 )が掲げられた。SDGsの17の目標のうち、目標6にあたるのが水・衛生の目標を示した「安全な水とトイレをみんなに」である。

安全な水と衛生的な環境の確保を目指す

目標6「安全な水とトイレをみんなに」を達成するため、以下の6つの具体的な目標が掲げられた。

6-1.安全で安い水を

日本は依然として高水準を保っているが、2030年までに、安全で管理された飲料水をだれもが利用できるようにすることが国際的な達成目標のひとつである。

6-2.だれもがトイレを利用できる

世界では、トイレを利用できず、やむをえず野外で用を済ませなくてはならない人もいる。特に女性や女児、支援が必要な人々のニーズに配慮して、すべての人がトイレを利用できるように目標が設定された。

6-3.水の汚染を減らす

安全な水、つまり水質の良い水を継続して使えるようにするには、水質を悪化させる要因を取り除く必要がある

。6-3の目標は、有害物質の排水などを最小限にし、広く世界で安全な水を使えるようにするためのものだ。

6-4.効率良く水を使えるようにする

水の利用効率が上がれば水を利用できる人が増える。6-4の目標は、多くの人が水不足で悩まないための水の効率化を促す目標だ。

6-5.水源管理のために国境を越えた協力を

特に国境を挟んで河川が存在する場合など、国内だけでの努力では世界的なレベルの水問題はなかなか前進しない。6-5の目標は、多くの国が協力して水問題を解決するための目標である。

関連記事>>15億人が山からの水に頼る未来

6-6.水の生態系維持と回復

6-6以外の目標が2030年までの目標を目指しているが、こちらは早期の2020年までに水の生態系の保護や回復が目標として設定された。

以上が、目標6「安全な水とトイレをみんなに」を達成するための具体的な目標である。ほかに、6-a、6-b、という形で、それぞれの目標を達成するための方法が示された。

達成の方法とは、水を効率良く安全に使える技術を国際協力によって開発途上国にも支援を拡大すること。そして、水に関するコミュニティの強化と支援を図ることである。解決のためには、多くの国が問題を意識する必要があることから、先進国による開発途上国への支援や協力が示される形となった。

目標6が生まれた背景

世界的に見れば、安全な水と衛生環境が整っていない国は、発展途上国を中心に多く存在する。安全な飲み水の供給は徐々に改善されつつあるものの、まだまだ問題の解決に至っていないのが現状だ。

また、近年は水不足の問題が安全な水と衛生に影響を及ぼすようになってきた。気候変動による干ばつや砂漠化がさまざまな国で起きているためだ。

社会問題をも生む水問題、不衛生な水質や環境の改善、安心できる水の普及は世界的な課題である。

水問題を解決して持続可能な社会となるように、国際協力によって水資源が確保できない開発途上国が国際的な協力を受けられるように、目標6がSDGsの達成目標のひとつに設定された。

関連記事>>146カ国のデータから見る、飲み水問題

SDGsの目標6の取り組み事例

sdgs 6 見出し2.jpg

SDGsの目標6「安全な水とトイレをみんなに」に関連して、世界ではさまざまな取り組みが行われている。国連やNGOによる取り組み、企業での取り組みに分けて、事例をいくつか紹介したい。

国連やNGOによる取り組み

ユニセフの取り組み

不衛生な環境は感染症の原因にもなる。ユニセフは、目標6「安全な水とトイレをみんなに」のうち、6-1と6-2の目標に注力。給水設備の設置による清潔な水の供給、トイレ設置による衛生面の確保、学校や保健所などをとおした衛生習慣の普及に取り組んでいる。

NGO団体「ウォーターエイド」の取り組み

ウォーターエイドはイギリスで設立された国際NGO団体で、世界34ヶ国に拠点を置く。ウォーターエイドの活動の特徴は、水の問題を抱える現地に合った解決策を実行することだ。

根本的な原因の見極め、住民の参加、政府などの能力向上、システムの強化を重視し、問題の解決にあたっている。物資や資金の支援をするだけでなく、問題を抱える地域が今後継続して安全な水を利用できるような取り組みを実施しているのが特徴だ。

たとえば、技術面であれば、電気ポンプ、ソーラーポンプ、ピット式簡易トイレなど、現地で入手しやすくメンテナンスしやすい技術を提供している。

企業の取り組み

次に、企業の取り組みをいくつか紹介したい。

伊藤園の取り組み

環境への影響を抑えるため、大手飲料メーカー伊藤園では、製造委託先の排水状況と水使用状況の把握、社内での水使用量の削減、などが行われている。

協和キリンの取り組み

協和キリンでも、社会と共有できる価値を重視したCSV経営をとおして、SDGsの目標6の達成を目指している。

具体的に実施しているのは、製造工程における水使用量の削減による水資源保全の取り組み。製造プロセスの改良や排水処理施設の積極的な設備投資による、水質汚濁防止の取り組みだ。

また、キリングループとしては「水のめぐみを守る活動」も展開している。同活動は、主力工場のある群馬県で実施しているもので、間伐作業などにより水資源に関わる生態系を維持し守る活動だ。10年以上の継続的な活動が評価され、2018年には群馬県環境賞を受賞した。

協和キリンが行っている目標6の具体的な取り組み事例についてはこちら

目標6の達成に向けて個人ができること

sdgs 6 見出し3.jpg

ここまで、SDGsの目標6「安全な水とトイレをみんなに」の概要や組織での事例を取り上げてきた。

水の確保や水質汚染の防止事例については壮大なプロジェクトであることから距離を感じたかもしれない。あるいは、国内では深刻な水の問題にはなっていないことから現実味を感じなかった人もいるだろう。

それでも、世界で水の問題が起きていることを知ること、理解することは重要だ。世界を変えるには、ひとりひとりの意識と小さな取り組みが欠かせないからである。

最後に、目標6の達成に向けて個人でも取り組めることを紹介したい。

支援団体への寄付

前述したユニセフやウォーターエイドなど、水の問題に取り組んでいるNPOやNGOなどの支援団体へ寄付を行うのも個人にできる取り組みのひとつである。

支援団体は、十分に活動を行うためにも資金が必要だ。現地ボランティアとして活動が難しくても、寄付により間接的な支援を行うことも大切な取り組みである。

支援団体では、水の問題についての理解を深めるためにイベントを実施していることもあるので、イベントに参加してみるのも良いだろう。

水を大切に使う

家にいてもできることとして、入浴の代わりに短時間シャワーで済ませること、食洗器使用では事前にすすがないことがあげられる。ムダに水を使わない意識をひとりひとりもつことが大切だ。

また、目標6を達成するためには、水質汚染を減らすことを具体的な目標のひとつとして取り上げた。個人においても、油をシンクにそのまま流さない、などできることはある。水資源を有効利用すること、衛生管理を行うことを心がけて日々過ごすようにしたい。

まとめ

SDGsの17のゴールのひとつ、目標6「安全な水とトイレをみんなに」について取り上げた。安全で安価な水の供給については、日本国内においては深刻な問題とはなっていないかもしれない。しかし、世界に目を向けると数多くの人々が水不足や不衛生に悩んでいるのが現状だ。

国内にいてもできることはあるので、目標6を達成するために、節水や排水に対する意識をまずは意識するようにしたい。個人でできることと合わせて、企業や組織が行っている取り組みを知ることも重要だ。