日本の人口減少、高齢化社会の進行により、地方では衰退が起きている。そんな中、地方創生の重要性が認識されるようになってきた。国際目標であるSDGsは、地方創生とも関わりのある目標だ。この記事では、地方創生SDGsの概要と事例を紹介する。

地方創生SDGsとは

№4_sdgs 地方創生 見出し1.jpg

SDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標)は、2030年の達成を目指した国際目標だ。地方創生SDGsとは、「地方創生に向けたSDGsの推進」を表す。ここでは、地方創生SDGsの理解を深めるために、地方創生とSDGsについて詳しく解説する。

「地方創生」とは

地方創生とは、簡単に説明すると、地方の活力を取り戻すことである。

近年、日本は人口減少が進み、さまざまな問題が浮上するようになった。地方衰退はいまや地方だけの問題ではない。日本社会全体の衰退も暗に示す重要な問題だ。そこで、東京圏に集中している人口を是正し、地方に活力をもたらそうという考えが広がるようになった。

都市部の「人口集中の是正」、「地方の人口減少と経済縮小の克服」を軸に、地方に活気を取り戻し、将来にわたる成長力の確保を目指すのが地方創生である。

「SDGs」とは

地方創生SDGsの「SDGs」は、持続可能な開発目標のことである。2015年の国連サミットで各国が合意に至った「持続可能な開発のための2030年アジェンダ」で掲げられた。

2030年を期限に、世界共通の目標として示された17の目標を指す。

SDGsについて詳しくはこちらの記事で解説している。ぜひ参考にしてほしい。

>>SDGsの意味とは?各国の取組事例をわかりやすく解説!

 

ここまで、地方創生とSDGsの概要を説明した。まとめると、「地方創生SDGs」とは、SDGsを原動力とした地方創生のことだ。

地方創生SDGsが必要とされるふたつの背景

ここまで地方創生SDGsについて説明した。それでは、なぜSDGsをとおして地方創生することが注目されるようになったのだろうか。地方創生SDGsが必要とされるふたつの背景を見ていこう。

人口減少が続く地域の活性化!

日本の人口は、2005年を境に減少に転じた。少子高齢化が進む中で、人口減少社会に突入しているのが、現代の日本だ。

なお、人口減少は地域によって偏りがみられる。過疎化が著しいのが、中山間地域などの地方だ。中山間地方などからは若年者層が流出、減少し、集落の維持が困難となるケースも見られるようになった。

地方の人口の減少は今後の日本にとって大きな課題だ。地方の人口減少は、いずれは日本全体の衰退につながるとされている。日本全体の衰退を抑えるには、人口減少と地方の問題に向き合うことだ。

持続可能なまちづくりと地域活性化を目的とする「地方創生SDGs」は、深刻な地域問題を解決するために重要とされる。

地方創生SDGsを政府が後押し!

地方創生SDGsが意識され、取り組みが広がるようになったのは、政府の後押しも大きい。

日本政府は、2018年より毎年、「SDGs未来都市」を選定する取り組みを始めた。SDGs未来都市とは、SDGsの達成に向けて優れた取り組みを提案する地域を選定する事業だ。取り組みを実現するために、国は資金面での支援を行うことになった。

SDGs未来都市の中でも、さらに先導的な取り組みを行っている地域は、「自治体SDGsモデル事業」に選定。さらなる資金面での支援、ステークホルダーとの連携、好循環の構築などを国が支援する。

国が率先してSDGsの理念に沿った取り組みを後押しすることによって、SDGsの認識を高め、SDGsの達成のために取り組みを行う自治体が増えた。地域活性化を促進させる効果的な手法として期待されており、地方創生SDGsの重要性を高める要因にもなっている。

地方創生SDGs 4つの取り組み事例

№4_sdgs 地方創生 見出し2.jpg

地方創生SDGsの重要性を説明したが、それぞれどのような形で取り入れられているのだろうか。地方創生SDGsの取り組みの事例を4つ紹介する。

事例1.SDGs人づくりプラットフォーム

SDGs人づくりプラットフォーム構築した、栃木県宇都宮市の事例だ。

宇都宮市は、経済、社会、環境の各面の循環とつながりに課題を抱えていた。そこで創設したのが、「宇都宮市もったいない運動市民議会」をベースにした市民を主体にした団体だ。

「もったいない運動」が、人が動きやすい環境をつくる原動力となり、人の動きを活発にする。そして、人が動きやすい環境を作り上げる。これは、経済や社会の動きが環境意識につながる循環を意識して創設された。

SDGs人づくりプラットフォームの主な活動として行われているのは、テーマをSDGsとしたシンポジウム、勉強会、イベント参加、環境配慮実践行動の促進だ。より多くの人に問題を認識してもらうこと、環境に配慮する行動を促すことを目的としている。

経済、社会、環境の循環を意識した事業は、市民の環境意識の向上、地域企業の取り組みにも影響を与えるようになった。

事例2.高糖度トマトでシルバーが地域おこし!

愛知県犬山市では、トマトを地方創生の原動力とする取り組みを行っている。

地方創生SDGsの視点として重視したのが、高齢者の働きがいや就業機会の創出、耕作放棄地の解消と持続可能な農業、環境に配慮した農法、健康増進、経済効果だ。

これらの視点により、SDGsの以下の目標をゴールに設定した。

1.貧困

2.飢餓

3.保健

4.経済成長と雇用

9.インフラ、産業、イノベーションの達成

具体的に行われたのが、節水型農法であるアイメックⓇ農法を取り入れた、糖度の高いブランドトマトづくりだ。犬山市をはじめ、シルバー人材センターや大学など、さまざまなステークホルダーが連携して実現に至った。

ブランドトマトの取り組みにより変化が起きたのは、地域高齢者の就業機会の創出、新たな農業モデルの構築だ。

高齢化がほかの地域よりも進んでいた犬山市は、高齢者のやりがい・生きがいを生み出し醸成することで地域おこしに成功したよい事例といえるだろう。

事例3.地域と協働で取り組んだバイオマスの活用

山梨県南部町では、地域企業と協力してバイオマスの活用に取り組んでいる。

 

地方創生SDGsの視点として重視したのは、エネルギー源となる熱やバイオ炭の生成、雇用機会の創出、健全な森林環境の維持、林業や関連する事業の活性化だ。

豊かな森林資源を生かして、バイオマス事業が生まれた。自治体と企業の協力により、熱分解方式の木質バイオマス発電所の建設が実現。間伐の問題を抱えていた森を利用した事業は、さまざまな成果を上げた。

 

脱炭素など環境問題が認識されるようになった現代において、環境を保全し、かつ環境にやさしいエネルギーを生み出すのは大きい事柄である。

事業は、CO2削減、新たな産業の創出、エネルギー自給率の向上、雇用の創出、森林保全、さらには地域ブランディングなど、多様な面で効果を生み出している。

事例4.地域資源を活用した循環による持続可能なまちづくり

岡山県真庭市では、地域資源の循環に関わる取り組みを行っている。

地方創生SDGsの視点として重視したのは、ごみの循環である。通常はごみとして廃棄される生ごみなどの一般廃棄物を、地域資源と考えたのが岡山県真庭市の取り組みだ。

まず、地域住民や事業者にごみの分別をしっかり行うように、分別ができていればごみ処理手数料の負担を軽減。ごみは焼却するのではなく、利用できるものはリサイクル施設で再生できるようにした。

そして、再生された生ごみなどは、ローコストで安心安全な農産物の肥料へ。持続可能な消費と生産に貢献するだけでなく、農林産業の振興につながるとして、さらなる広がりが期待されている。

まとめ

SDGsの達成に向けての取り組みは、地方創生にも関係している。SDGsは誰ひとり取り残さない社会を目指しているので、個人をはじめ、より多くの組織がSDGsを認識し、取り組みを行っていくことが重要だ。日本の地域おこしにもSDGsの取り組みは今後も大きく関係していくだろう。

協和キリンでも、社会と共有できる価値であるCSV経営をとおしたSDGs達成に向けた取り組みを実施。人権、職場づくり、環境、消費者環境など、多岐にわたって取り組んでいる。

協和キリンのCSV経営についてはこちら