SDGsアイコン

JPEN

健康で豊かな世界をつくる、
みんなのSDGsサロン

PLANET

自然と共生し、次世代に地球環境を繋げるための取り組みを紹介します。

NEW

規格外作物を活用して食品ロス解決に挑む

農場での食品ロスが米国で大きな問題になっている。そうした中、ある企業が「規格外」(だけど食べられる)の野菜や果物を救い出すと同時に、生産者の新たな収入源も生み出…

PLANET

2021/05/13

「買う」に「環境」という基準を。グリーン購入率90%を目指す協和キリンの取り組み【循環型社会】

大量生産、大量消費、そして大量廃棄型の経済システムは、私たちの暮らしに物質的な豊さをもたらしてきた。しかし、今、私たちが直面する気候変動、資源の枯渇、大気や水質…

PLANET

2021/04/26

マイクロプラスチック(3)化粧品の脱プラ

自然界にあるマイクロプラスチックはどこから来るのか。 その元を探ると、かなりの量が化粧品から生じている。特に、スクラブ剤としてプラスチックの粒が意図的に入れた化…

PLANET

2021/04/22

掃除でゼロ・ウェイストを実現する4つの習慣

毎日の掃除で(ほぼ)ゼロ・ウェイストを実現するための4つの簡単な工夫とは …

PLANET

2021/04/16

マイクロプラスチック(2)戦略を立てる

マイクロプラスチックが地球上の生き物にとって重大な問題であることは、十分に裏付けられている。そして、状況はますます深刻になってきている。どうしたら、人間はプラス…

PLANET

2021/04/13

藻類をタンパク質豊富なスーパーフードに

植物由来の代替肉や栄養満点のスーパーフードといった未来の食を支える持続可能な方法として、植物プランクトンなどの「海洋微細藻類」を原料とした新しいタイプの細胞農業…

PLANET

2021/04/08

マイクロプラスチック(1)何が問題なのか

マイクロプラスチックによる環境汚染は、人間にとって、この先も向き合い続けることになる緊急の課題だ。この小さな粒子は、肥料や化粧品、家庭用洗剤、洗浄剤、ペンキなど…

PLANET

2021/04/06

クルド人自治区に根付くオークが気候を救う

イラクのクルド人自治区で暮らすデルバンド・ラワンドゥジさん(26歳)は、生まれ故郷でオークの木(樫の木)を植える活動を続けている。この地域は、戦争による爆撃で多…

PLANET

2021/03/30

自然を愛するフィロソフィーを次世代に。「高崎工場」の環境保全への取り組み

協和キリン株式会社の医薬品製造拠点の一つである生産本部「高崎工場」と「バイオ生産技術研究所」。ここは文字どおり、協和キリンが製造するさまざまな「バイオ医薬品」の…

PLANET

2021/03/18