JPEN

健康で豊かな世界をつくる、
みんなのサロン

PEACE

平和で公正かつ包括的な世界を達成するための取り組みを紹介します。

認定率たった0.3%、日本で暮らす難民の課題

なんらかの事情を抱え、生まれ育った母国を去らざるを得なかった難民。今、過去最大となる7,080万人もの人が故郷を追われているといいます。2019年、日本では10…

PEACE

2020/09/15

12歳の本の虫、スラム街に図書館を開設

新しく手に入れたネルソン・マンデラに関する本を抱えたルアの顔には、野心がみなぎっている。この大人びた12歳の少女は、ブラジルのスラム街に自分で図書館を開いたばか…

PEACE

2020/07/21

若者に希望を与えるウクライナのドラマ

ウクライナの工業都市に住むカチャは、13歳のとき、自分がレズビアンであることを打ち明けた。それ以来、母に冷たくされ、クラスメートにいじめられるようになった。 そ…

PEACE

2020/07/14

シリア難民が安心して暮らせる家

ハマド・アル・アブダラは、新しく引っ越してきたコンクリート造りの家にWi-Fiと断熱材を入れた。シリア政府軍の爆撃を逃れてきて以来、家族が耐えてきた絶望的な状況…

PEACE

2020/06/18

ブルガリア発~AIの仕事が難民の命をつなぐ

アフガニスタン出身で2人の子どもを持つシングルマザーのサラ・フェイジ(31歳)は、2018年、ブルガリアに来てすぐに、壁にぶち当たった。前職では銀行の支店で管理…

PEACE

2020/05/12

シリア難民のイラク移住で花開いた文化交流

イラク・クルド人自治区の首都アルビルには、シリア難民のアブダサマド・アブダルカディール(45歳)が経営するカフェがある。はじめのうち、ここで苦いコーヒーを飲む市…

PEACE

2020/04/21

ホワイトハウスのお膝元で「移民の食」を

「米国の移民の食を再創造」するレストランのメニューを考案しないかと誘われたとき、料理人のエンリケ・リマルドは一瞬、答えに詰まった。 「これは、タイプの違う20の…

PEACE

2020/02/03

貧富の差による小児死亡率を縮めるカギ

  アフリカでのワクチン接種 写真提供:istock.com/Sean_Warren ガーナでは、自分の住む地域で看護師のケアを受けられることで小児死…

PEACE

2019/11/19

ヘルシーでサステナブルな食を広める研究

「食事はまず目で楽しむ」 1世紀ごろの古代ローマでグルメとして名をはせたマルクス・ガビウス・アピシウスの言葉だ。それから2000年後、この言葉は学術研究によって…

PEACE

2019/11/12